loading

FUJISAWA THE TOWER

EQUIPMENT

設備・サービス・構造

Dタイプモデルルーム

暮らしの細部への気配り。
安心と快適がずっとつづく住まいを。

CONSTRUCTION

見えない部分にまで、
品質にこだわり抜いた構造。

大地震に備えた基礎構造。
標準貫入試験等の地盤調査の結果から支持層を決定。地盤面から約16.5mの深さまで杭を16本打ち込み、建物を足元から支える構造です。
基礎構造 概念図
概念図
暮らしを支えるために、安心・安全に配慮した非常時の備え。
平常時の安全対策と耐震・減災対策
※防災リュック、防災設備倉庫のアイテムは変更になる場合があります。※本件はBrilliaと同仕様の設備を備えています。
外壁 概念図
概念図
外壁
外壁のコンクリートの厚さは180mm(一部150mm)
※廊下、バルコニー側の壁はALC厚さ100mmとしています。(一部除く)
戸境壁 概念図
概念図
戸境壁
戸境壁のコンクリート厚を約180〜350mmとしています。
(1LDKは一部乾式耐火遮音間仕上の壁を設置)
溶接閉鎖型フープ 概念図
概念図
溶接閉鎖型フープ
溶接閉鎖型フープ(一部柱を除く)は、工場で特殊溶接をして閉じた形にした帯筋です。通常の帯筋に比べ、せん断力に対する拘束力が高く、建物に粘り強さを持たせます。
ダブル配筋 概念図
概念図
ダブル配筋
主要な壁の鉄筋は、コンクリートの中に二重の鉄筋を配したダブル配筋を採用。ダブル配筋にすることで、より高い構造強度を得ることができます。
コンクリートかぶり厚 概念図
概念図
コンクリートかぶり厚
長く建物の性能を保つために重要な、鉄筋を覆うコンクリートのかぶり厚は、建築基準法で定められたかぶり厚を満たしており、鉄筋の劣化を抑制しています。
※日本建築学会「鉄筋コンクリート造配筋指針」施行令に定める値。土に接しない部分:床スラブ・屋根スラブ・非耐力壁20mm以上、柱・梁・耐力壁30mm以上/土に接する部分:柱・梁・床スラブ・屋根スラブ・壁布基礎の立ち上がり部分40mm以上、基礎・擁壁60mm以上
コンクリート耐久性 概念図
概念図
コンクリート耐久性
主要構造部のコンクリート設計基準強度は30〜48N/mm²。これは、1m²あたり約3,000t〜4,800tの圧力に耐える強さを示しています。
ボイドスラブ 概念図
概念図
ボイドスラブ
コンクリートスラブにボイド材を配置して、スラブ自体で床や天井を支える小梁の役目をさせるボイドスラブ工法を採用。小梁がないので室内空間の有効利用が可能です。スラブは約250mmと厚く剛性や強度、遮音性に優れています。
二重床・二重天井構造 概念図
概念図
二重床・二重天井構造
床には騒音に配慮した床材を採用した、二重床・二重天井を採用。床と天井材の間に配管配線等を通すスペースを確保し、リフォームやメンテナンスにも配慮しています。
アウトフレーム工法 概念図
概念図
アウトフレーム工法
アウトフレーム工法により、デッドスペースを減らし、家具のレイアウトもしやすく、室内空間を広々と使えるようになります。

COMFORT

快適性を高める設備。

床の遮音対策
二重床・二重天井概念図、床スラブ厚概念図

軽量床衝撃音への対策

スプーンを落とした時のコツンという音やスリッパで歩くバタバタという音が軽量床衝撃音です。以下のような仕様を施し、衝撃音の軽減を図っています。

乾式遮音二重床の採用

ボイドスラブの上にクッションゴム付の支持脚を設け、軽量床衝撃音の伝達の低減効果がある二重床構造を採用。居室では軽量床衝撃音低減性能が⊿LL(II)-3等級の二重床材を採用しています。

重量床衝撃音への対策

重量衝撃音は、床スラブを厚くすることが有効な対策のひとつです。各居室は、約250mmのスラブ厚を確保(段差スラブ部200mm)。重量床衝撃音低減性能が⊿LH(II)-2等級の二重床材を採用しています。
※乾式遮音二重床の重量床衝撃音レベル低減性能(⊿LH(II)-2等級)は公的試験期間においてJISの定める実験方法によるデータに基づきメーカーが表示した乾式遮音二重床の重量床衝撃音レベル低減量を示したもので、竣工後の実際の住戸内での遮音性能を示すものではありません。※メーカーカタログ表示における標準型試験体の納まりと「藤沢 ザ・タワー」の納まりでは異なる部分があります。
住宅性能評価
マンションの性能を第三者の目で見極める住宅性能評価を取得(取得予定)。住宅性能評価は、新築のマンションまたは住居の性能(耐震性、安全性等)について、全国共有のルールをもとに第三者評価機関が公平な立場で評価したものです。
国指定の機関が認定する「住宅性能表示制度」を採用。
暮らしのさらなる
安心を築く確かな品質
  • 劣化対策
    最高等級3
  • 断熱等性能
    一次エネルギー消費量
    等級4
  • フラット35S
    適合(登録済み)

SECURITY

暮らしの安全と快適をサポートするマンションクオリティ。

録画機能付インターホン
録画機能付インターホン
エントランスの来客者をカラー映像で確認できるモニター付インターホン。不在時の録画機能も備えています。
ダブルロックドア
ダブルロックドア
玄関扉は、上下2カ所を施錠するダブルロック方式で、防犯性を高めています。
蓋付ドアアイ
蓋付ドアアイ
玄関先の状態を目視で確認できるドアアイを設置。室内の光が外側に漏れるのを防ぐためのドアアイカバーを採用。
リバーシブルディンプルキー
参考写真
リバーシブルディンプルキー
約5兆5千億通りのキーパターンによって不正な複製を防ぎます。キーは表裏のないリバーシブルタイプ。
鎌付デッドボルト錠
鎌付デッドボルト錠
鎌状にとび出すデッドボルト錠を玄関ドアに採用。破壊工具などを使ったこじ開けを防ぎます。
防犯サムターン
防犯サムターン
「サムターン回し」による不正開錠を防ぐ防犯サムターンを採用。中央のボタンを押して回すタイプです。
※ダブルロック上下に採用。
玄関防犯センサー
玄関防犯センサー
全住戸の玄関扉に防犯センサーを設置。異常時は警報とともに警備会社へ自動転送。
カメラ付インターホン
カメラ付インターホン
各住戸の玄関前にもカメラ付インターホンを設置し、防犯性を高めています。
ALSOK ロゴマーク
ALSOKによる24時間監視システム
共用部分の設備異常や、各住戸の火災・非常・漏水をキャッチすると、24時間365日体制で遠隔監視センターへ通報。状況に応じてALSOKのスタッフが迅速に対処します。
オートロックシステム概念図
オートロックシステム概念図
セキュリティ
風除室には非接触キーによるカメラ付オートロックを採用。映像と音声による防犯対策を施しています。
※掲載の写真はDタイプモデルルームを撮影(2020年3月)したものです。一部無償セレクト・有償セレクト等が含まれており、お申し込みには期限がございます。また、対応可能な変更には制限がございます。家具・調度品は販売価格に含まれません。なお、 各種部材につきましては実物と質感・色の見え方が異なる場合があります。
※モデルルームで表現している仕様等は、施工上の都合・改良等により一部変更になる場合があります。
※設備・仕様・形状・機能はタイプにより異なります。詳細に関しては係員にお問い合わせください。
※1LDKタイプは設備・仕様・形状・機能が特に異なります。 詳細に関しては係員にお問い合わせください。
※掲載の参考写真は施工例であり、本物件のものとは異なります。